会社画像

敷金精算

敷金とはなんだろう?と思われる方もいるかもしれませんが、これは事前に貸主に預け入れたお金のことを意味します。

引っ越し時に以外に忘れがちな手続きですから、必ず確認をしてください。


賃貸物件において借主の物件の損傷、破損、賃料滞納に対する修復費用に当てるものが敷金なのです。
ですから引越しする場合、貸主に対して敷金の精算が必要となるのです。

敷金精算はほとんどの場合、旧居の補修やクリーニングが終わった時点で、貸主や不動産会社から連絡がきてからとなります。
退去時には、原状回復が基本として義務化されています。

ただ、借りた状態に戻すという意味は、貸主や不動産会社によって捉え方の違いがあるのでトラブルが起きやすい所です。

たとえば、物件に改造を加えた時に取り付けた棚や不注意による破損は、元の状態に戻さなくてはならないし、備品を壊す、故意に部屋を汚す、重度の過失による家中や設備の汚れなどは、借りた側の責任として敷金から引かれることとなります。

この他、クーラーの水漏れ放置による壁の腐食や結露放置によるシミやカビなども、費用負担を求められることがあるようです。

この他にも、色々と例がありますが、これらの事例に対する借り手と貸し手の考え方のズレを埋めるのは難しいようで、十分な話し合いによって解決するしかないでしょう。

どうしても解決が難しいときは、公的機関へ相談するとよいかもしれません。

引越し比較