会社画像

バイクの手続き

バイクは、排気量によって手続きが変わるので、以下を参考にして下さい。

◆原付自動車(125CC以下のバイク)
原付自動車は市区町村の管轄なので、引越し先が同一市区町村内と他市区町村とでは、手続きが変わってきます。
同一市区町村内の引越しは、手続きは不要です(転居届を出すことで、自動的に住所変更が行われるため)が、他市区町村へ移転する場合は、旧住所地の市区町村役場にて廃車手続きが必要です。
届出人は、本人または代理人です。
手続きには、標識交付証明書、印鑑、ナンバープレート、代理人の場合は委任状が必要です。
届出期間は、住所変更より15日以内となります。発行してもらうものとして、廃車申告受付書があります。
新しいナンバープレートと標識交付証明書を受け取るため、廃車申告受付書、印鑑、新しい住民票を持参して、新住所地の市区町村役場へ住所変更より15日以内に届け出ることができますが、これらの手続きを一括することも可能です。
廃車手続きと登録手続きを同時に行うには、新住所地の市区町村役場にナンバープレート、標識交付証明書、印鑑を持参すれば簡単に手続きが終わるので、大変便利です。

◆軽二輪自動車(126CC~250CCのバイク)
陸運支局の管轄であるため、同じ陸運支局の管轄内と他の管轄内への引越しとでは、手続き内容が違います。
同じ陸運支局で住所が変わる場合、新住所地の管轄の陸運支局で手続きをして下さい。
届出人は、本人または代理人で、手続きには、軽自動車届出済証、軽自動車届出済証記入申請書、自動車損害賠償責任保険証書、印鑑、住民票(3ヶ月以内のもの)、代理人の場合は委任状が必要になります。
届出期間は、住所変更より15日以内となります。
他の陸運支局の管轄への移転は、上記の必要なものにあわせて、ナンバープレートを一緒に持参してください。手続き後に、新しいナンバープレートが交付されます。

◆小型二輪自動車(251CC以上のバイク)
これも陸運支局の管轄であるため、同じ陸運支局の管轄内と他の管轄内への引越しとでは、手続き内容が違います。
同じ陸運支局で住所が変わる場合、新住所地の管轄の陸運支局で手続きをして下さい。
届出人は、本人または代理人で、手続きには、自動車検査証、申請書、手数料納付書、印鑑、住民票(3ヶ月以内のもの)、代理人の場合委任状が必要となります。届出期間は、住所変更より15日以内となります。
他の陸運支局の管轄への移転は、上記の必要なものにあわせて、ナンバープレートを一緒に持参してください。手続き後に、新しいナンバープレートが交付されます。

引越し比較