会社画像

電気,ガス,水道

これまで役所面での必要な手続きについて触れてきましたが、ここでは生活面について必要な手続きを挙げてあります。
まずは、電気、ガス、水道といったライフラインの手続きについて見ていきましょう。

◆電力会社への移転手続き
引越しの1週間ぐらい前までに、領収書や検針票に書かれてある電力会社の営業所に移転の連絡をします。
この段階で引越し先の電力会社にも連絡しておきましょう。
手続き時、領収書や検針票に記載されているお客様番号が必要となるので、用意しておくとよいでしょう。
移転の連絡をすると、引越し日以降に電力会社の人が来てメーターを確認し、料金の精算をしてくれます。
精算方法は、現地精算、口座振替、引越し先へ請求書を送付する方法があります。
新居到着後は、アンペアブレーカーのスイッチを入れるとすぐに使用できます。
電気の使用開始と同時に、玄関周辺やブレーカーのある分電盤の近くに「電気使用開始申込書」があるので、必要事項を記入の上投函してください。

◆ガス会社への移転手続き

引越しの1週間ぐらい前までに、領収書や検針票に書かれてある旧住所のガス会社と新住所のガス会社に、移転連絡をします。
その際、領収書や検針票に記載されているお客様番号を用意しておいて下さい。
ガスは電気や水道と違って、ガス会社の人に居住者立会いのもとでの開栓をしてもらう必要があります。
引越してからガスがしばらく使用できない、ということにならないように事前にガス会社へ連絡を取り、引越し当日に予約を入れておきましょう。
精算方法は、現地精算、口座振替、引越し先へ請求書を送付する方法があります。

◆水道事業者への移転手続き
引越しの1週間ぐらい前までに、領収書や検針票に書かれてある旧住所の水道局営業所と新住所の営業所に、移転の連絡をしておきましょう。、
手続き時、領収書や検針票に記載されているお客様番号が必要となるので、用意しておくとよいでしょう。
移転連絡後、引越し当日もしくは後日、水道事業者の人が料金精算を行います。
精算方法は、現地精算、口座振替、引越し先へ請求書を送付する方法があります。移転先では、メーターボックス内の水止め栓を左に回せば水道が使用できます。
使用開始後は、ポストや玄関付近においてある「水道使用開始申込書」に必要事項を記載して
投函して下さい。

引越し比較