会社画像

ペットに関する手続き

ペットとともに引越しをする時、猫や小鳥といったペットについては手続きの必要がありませんが、飼い犬については新住所地の市区町村役場で再登録が必要です。

また市区町村によっては、廃犬届が必要なところもあるので、市区町村や保健所に問い合わせるとよいでしょう。

この他、国から指定されている特定動物については都道府県の管轄になるので、引越し先の動物愛護センターや動物愛護相談センターなどで手続き方法の確認を行って下さい。

◆廃犬届
旧住所地での手続きとなり、手続きには、印鑑、廃犬届(住所変更)、旧鑑札、狂犬病予防注射済証メダル、予防注射済書が必要となります。

◆飼い犬の登録変更
新住所地の市区町村役場もしくは保健所にて、飼い犬の登録変更をして鑑札の交換をする必要があります。
届出人は飼い主となり、手続きには、印鑑、旧鑑札、狂犬病予防注射済証メダル、予防注射済書が必要となります。
届出期間は、引越し後30日以内です。これらはあくまで参考ですので、地域によっては異なる場合も考慮して、事前確認をしたほうがよいでしょう。

引越し比較