会社画像

転出届,転入届,転居届

引越しをする時には、市区町村役場での手続きが必要となり、引越し先によっては手続きの種類や方法が違うので気をつけましょう。事前に
各市町村役場のホームページで確認したり、問い合わせるなどのチェックをするのもよいかもしれません。
ここでは、役所面で必要な手続きとして挙げた転出届、転入届、転居届の手続きについて触れてあります。これらの手続きがどんなものか見てみましょう。

◆転出届
他市区町村へ引越しする場合、旧住所地での手続きとして最寄の市区町村役場で転出届を提出し、転出証明書を発行してもらう必要があります。
これは引越し後、新住所地の市区町村役場で転入届の手続きをするときに提出して下さい。この時届出人は、本人または代理人が行うことができます。
手続きには、印鑑、身分証明書、届出人が代理人の場合は委任状が必要となります。届出期間は引越し前が理想的ですが、引越し前にできなかった場合は
引越し後14日以内であれば転出届の発行が可能です。

◆転入届
他市区町村から引越してきた場合、新住所地での手続きとして新住所地の市区町村役場に、転入届を提出しなければなりません。届出人は、
本人または代理人が行うことができます。手続きには、印鑑、身分証明書、届出人が代理人の場合は委任状そして転出証明書が必要となります。
届出期間は、引越した日から14日以内となります。

◆転居届
同一市区町村内で引越しをする場合、住所地の市区町村役場に転居届の提出が必要となります。届出人は、転出届・転入届と同じで本人または代理人が
行うことができます。手続きには、印鑑、届出人が代理人の場合は委任状が必要となります。届出期間は、引越した日から14日以内となります。
また、転居届けの手続きを郵便局で行うと、旧住所宛ての郵便物を1年間の間、新住所に無料転送してもらえるので、引越し先が決まりしだい
手続きすると便利かと思われます。

引越し比較